学会の概要

設立目的

本韓国日本言語文化学会は、元々韓国外国語大学日本語科と関連のある日本関連研究者たちの親睦の集まりが母体になって出発した。


新しい21世紀を迎えて新しい時代に対応した日本研究の姿勢が必要だという観点から、全国の日本関連研究者たちを対象とした全国規模の学会として拡大発展させ、2001年に創立総会を経て韓国日本言語文化学会という名称で発足し10年目を迎える。


短い歴史にもかかわらず、2010年現在加入会員数700人余りの学会に発展した。本学会は日本語学及び日本文学は勿論、日本の政治、経済、文化、社会などの日本学全般にわたった研究及び日本の言語、文化を媒体にした韓国との比較研究を対象にしている。本学会は会員たちに研究発表及び情報交換の機会を提供し、ひいては韓国での望ましい日本研究の姿勢を確立することを主な目標にしている。


毎年2回以上の国際学術発表大会を開催することにより、会員への発表機会の提供と共に会員相互間の親睦の場としても活用し、21世紀に新しい役目を担当する健全で堅実な学会として発展することを志向するものである。



  • ページトップ
  • トップページ