学会の概要

学会会則

[第1章] 総 則
第1条(名称) :
本学会は「韓国日本言語文化学会」と称する。
第2条(目的) :
本学会は 国内外日本関連研究者を対象に、言語・文化を通じた総合的な日本研究と親睦を期する所にその目的がある。
第3条(事務局) :
本学会の事務局は学会長が定める所に置く。
【第2章】会 員
第4条(資格) :
本学会は、日本語学、日本文学、日本学、日本語教育学及び日本語通翻訳に関心を持って研究しようとする者とし、本学会入会手続きを終えた者を会員とする。
第5条(義務) :
本学会の会員は所定の会費を納付しなければならない。
第6条(資格喪失) :
本学会の会員として特別な事由なしに3年以上会費を納付しなかったり 本学会の目的或いは名誉を甚だしく傷つけた者は会員の資格を喪失することがある。
【第3章】組 織
第7条(役員) : :
本学会は次のような役員を置く。
∗会長(1人) : 本学会を代表し学会全般に関する業務を総括する。
∗副会長(10人内外) : 会長を補佐し会長の事故時 副会長の中で、年長者の順で職務を代行する。
∗編集委員長(1人) : 学会の学術誌編集業務を総括する。
∗学術賞委員会委員長(1名): 学会が制定した学術賞を授与する為の諸般業務を担当する。
∗総務理事(1名): 学会の開催・会報発行等、諸般業務の執行及び調整業務を担当する。
∗財務理事(1名) : 学会の財政関連業務を担当する。
∗出版理事(2人内外) : 学会誌発行に関する諸般業務を担当する。
∗学術理事(2名内外) : 学術及びセミナー発表、プロシーディング及び発表論文受付に関する業務を担当する。
∗企画理事(2名内外) : 学会発展に関する研究、企画及び学会誌評価に関する業務を担当する。
∗事業理事(2名内外) : 学会の収益事業等に関する業務を担当する。
∗情報理事(2名内外) : 学会ホームページ管理及び情報収集業務を担当する。
∗管理理事(2名内外) : 学会住所録作成及び会員管理業務を担当する。
∗渉外理事(2名内外) : 国内渉外及び交流、広報業務を担当する。
∗海外理事(10名内外) : 海外渉外及び交流、広報業務を担当する。
∗日本語学理事(2名内外) : 日本語学分科の諸般業務を担当する。
∗日本文学理事(2名内外) : 日本文学分科の諸般業務を担当する。
∗日本学理事(2名内外) : 日本学分科の諸般業務を担当する。
∗日本語教育理事(2名内外) : 日本語教育分科の諸般業務を担当する。
∗日本語通翻訳理事(2名内外) : 日本語通翻訳分科の諸般業務を担当する。
∗監査(2名内外) : 会計を監査しその結果を総会に報告する。
∗一般理事(60名内外) : 拡大理事会に参席し、理事としての業務を遂行する。
第8条(選出) :
会長及び監査は総会で選出する。
副会長は会長が選任し、理事は会長が副会長と協議し任命する。
第9条(任期) :
全ての役員の任期は2年とし再任することができる。
【第4章】会 議
第10条(会議) :
本学会の会議は総会、理事会、編集会議等とする。
1) 総会は原則として春季学術研究発表会と共に開催する。
2) 総会は出席会員により成立し、案件の決議は出席会員の過半数以上の賛成とする。
3) 理事会は会長が召集し、編集会議は編集委員長が召集する。
【第5章】事 業
第11条(事業) :
本学会は次のような事業を行う。
1) 学術研究発表会(春季、秋季)
2) 学会誌発行
3) その他本学会の目的と一致する事業
【第6章】会 計
第12条(財政) :
本学会の財政は会費、賛助金、その他の収入で充当する。
第13条(会計年度) :
本学会の会計年度は総会の日から次期総会の前日までとする。
付則 :
本会則は2001年5月19日付けで発効する。
本会則は2003年11月15日改定、施行する。
本会則は2005年6月30日改定、施行する。
本会則は2006年11月11日改定、施行する。
本会則は2007年11月10日改定、施行する。


  • ページトップ
  • トップページ