学会の概要

倫理規定(案)

全文 韓国日本言語文化学会は国内外日本関連研究者を対象として言語・文化を通した総合的な日本研究と親睦を図ることを期することに目的を置いた学術団体として、研究論文を公正で厳格に審査しこれを選定ㆍ掲載する専門学術誌の発刊は学会の設立目的を達成するための重要事業中の一つである。 従って水準の高い学術誌の発刊を通し日本言語・文化の発展に寄与するためには研究論文の著者は勿論、学術誌の編集委員と審査委員が守らねばならない倫理規定を確立する必要があり、次のように「倫理規定」を制定する。
第1章 倫理規定

第1節 著者の倫理規定

第1条
偽造及び変造 著者は存在しないデータまたは研究結果などを故意に作成する偽造行為及び研究過程やデータなどを人為的に創作した内容、または結果物を歪曲する変造行為を行なってはならない。
第2条
剽窃 著者は他名の研究や主張の一部を自身の研究や主張のように論文や著述に提示しない。他名の研究は出処を明示し参照することはできるが、一部分でも自身の研究や主張であるように提示することは剽窃となる。
第3条
出版業績
  • 1. 著者は自身が行ったり貢献した研究に対してのみ著者としての責任を持ち、また業績として認められる。
  • 2. 研究業績の著者記入順序は職位に関係なく寄与の程度に従って反映する。但し研究や著述(翻訳)に対する小さな寄与は脚注、序文などで適切に感謝を表示する。
第4条
二重出版 著者は以前出版された自身の研究物を新しい研究物のように出版しない。既に発表された研究物を再出版しようとする場合には、以前の出版についての情報を明記し二重出版に該当するかどうかを確認しなければならない。
第5条
引用
  • 1. 公開された学術資料を引用する場合には必ずその出処を明らかにしなければならない。個名的に入手した資料はその情報を提供した研究者の同意を得た後引用しなければならない。
  • 2. 他の研究者の文を引用したりアイディアを借用した場合には注を通しこれを明らかにせねばならず、どの部分が先行研究の結果で、どの部分が本名の独創的な研究なのかを読者が分かるようにする。

第2節 編集委員の倫理規定

第1条
編集委員は投稿された論文の掲載の可否を決定するが、著者の名格と学者としての独立性を尊重しなければならない。
第2条
編集委員は学術誌掲載のため投稿された論文に対し私的な感情を排除し、もっぱら投稿規定に根拠し論文の質的水準をを評価する。
第3条
編集委員は投稿された論文の評価を該当分野の専門的知識と公正な判断能力を持った審査委員に依頼する。
第4条
編集委員は投稿された論文の掲載が決定されるまで、審査者以外の者に審査に関した内容を公開してはならない。

第3節 審査委員の倫理規定

第1条
審査委員は学術誌の編集委員会が依頼する論文を審査規定が定めた期間内に誠実に評価し、評価結果を編集委員会に通知しなければならない。もし自身が評価の適任者ではないと判断した場合には速やかにその事実を通知する。
第2条
審査委員は論文を客観的基準により公正に評価しなければならない。充分な根拠を明示せずに論文を不合格としたり、審査者の観点や解説と相反するという理由で論文を不合格としてもいけない。
第3条
審査委員は著者の名格と独立性を尊重しなければならない。評価・意見書には論文に対する自身の判断を示すが、補完が必要な部分に対してはその理由も共に示さなければならない。
第4条
審査委員は審査対象の論文に対する秘密を守らなければならない。評価のため特別に助言を求める場合でなければ、論文に対し他の者と論議することは望ましくない。
第2章 施行指針
第1条
誓約 韓国日本言語文化学会の新規会員は本倫理規定を順守することと誓約する。既存会員は倫理規定の発効時、倫理規定を順守することと誓約したものとしてみなす。
第2条
違反の報告 会員は他の会員が倫理規定を違反したことを認知した場合、学会倫理委員会に報告しなければならない。倫理委員会は問題を提起した会員の身元を公開してはならない。
第3条
倫理委員会の構成 倫理委員会の委員は諮問委員、会長、編集委員長で構成し、幹事を置くことができる。
第4条
倫理委員会の権限 倫理委員会は倫理規定違反として報告された事案に対し幅広く調査した後、倫理規定違反の程度に従って制裁措置を理事会に建議する。
第5条
調査及び審議 倫理規定違反として報告された会員は倫理委員会の調査に協力しなければならない。この調査に協力しないことはそれ自体が倫理規定違反になる。
第6条
機会の保障 倫理規定違反として報告された会員には充分な釈明の機会を与えなければならない。
第7条
守秘義務 倫理規定違反に対し倫理委員会の最終的な決定がなされるまで、倫理委員は該当会員の身元を公開してはならない。
第8条
懲戒の手続き及び内容 倫理委員会の懲戒建議があった場合、会長は理事会を招集し懲戒の可否及び内容を決定する。 倫理規定を違反したと判定された会員に対しては警告、会員資格停止ないし剥奪などの懲戒をすることができ、この措置を他の機関や個名に知らせることができる。
第9条
規定の修正 倫倫理規定の修正手続きは本学会会則改定手続に準ずる。倫理規定が修正された場合、各会員は追加誓約なしに新規定を順守することに誓約したものと見做す。
付則

本規定は理事会の議決を経て2007年6月1日から施行する。

本規定は理事会の議決を経て2009年4月11日から改定,施行する。



  • ページトップ
  • トップページ